極力専門用語は使いません

CONTENTS IS KING=コンテンツが王様と
1996年3月1日にビル・ゲイツが言いました。
素晴らしい。本当にさすがです。

「コンテンツ=内容」が王様です。
王様がいなくては何も始りません。

昔は、立派な門構えや素晴らしい飾りつけや、
最新の装置をつけていれば、お城に人だかりができました。

※昔とはインターネットが始まったばかりの時代、お城=HP、王様=コンテンツ=内容、人=ユーザー=お客様、と置き換えて考えてみてください。

もうユーザーは知っています。情報を検索し、比較をして自分に少しでも有利な王様を選びます。オリジナリティーが高く信憑性があって人気がある情報が無ければ、昔ほどお城には直接訪れません。

みんなどこに行ったのかと思ったらSNSというパーティー会場に集まっていました。

SNSでは、アピール上手な王様があちらこちらでブースを開いています。F会場でもI会場でもL会場でも同じ格好で商売っ気たっぷりに振る舞っている王様はちょっと人気が無いようです。会場によって、話し方を変えたり、衣装を変えたりして「空気が読める」王様は人気がありるようです。

そもそも、あなたの王様はとても立派で素晴らしいのです。
でも、お城が旧式だったり、案内状を出してなかったり、
パーティー会場を間違えたりしているかもしれません。

東京コンテンツヒットは、あなたの王様のコーディネーターであり脚本家でありスタイリストです。
衣装を決め、王様の事を好きな人たちのグループが、どこのパーティー会場に集まっているのかを探します。
それぞれの会場でどういう立ち振る舞いをすればいいかを考えます。

迎える準備をし、好きなものを揃え、お客様をお迎えにあがりましょう。

東京コンテンツヒットでは、WEBの世界をわかりやすくご説明しています。
カタカナ英語の難しいお話ではなく、こんな例え話で楽しくお話いたします。